理事長挨拶

  


理 事 長 村濱 史郎

  

 この度、傷ついた野鳥達を救いたいという思いの仲間が集まり、 約1年間の準備期間を経て、 「特定非営利活動法人 日本バードレスキュー協会」を設立しました。
 私たちは、野生傷病鳥の救護、リハビリテーション、 そしてそれらを野生復帰させることを最大の目的とし、 さらにはその活動を通して、自然と共生する社会の実現を目指して 活動して行きたいと考えています。

 人間の経済活動が進むにつれ、自然環境に対する負荷は大きくなる一方で す。多くの野鳥達が送電線への接触やビルの窓ガラスへの激突、 あるいは油流出事故などにより傷つき、命を落としています。 私たちが救護目的とするのは、このように人の行為により被害に遭った 野鳥たちです。
 残念ながら、私たち人が救えるのは何十万、 あるいは何百万もいる傷ついた野鳥たちのほんの一部に過ぎません。 しかし、人がその知識と知恵で生態系の頂点に立ち、 そこから生み出される活動によって生きものたちを傷つけているなら、 同じ知識と知恵で彼らを救護することは、 たとえそれが僅かな数に過ぎないとしても、 私たち人に課せられた義務であると考えます。

 傷病鳥の救護活動を通して、活動の参加者に、 特にこれからの社会を担う次の世代の若者達に、 多様な生態系への理解と,それを守りそれを蘇らせることの必要性を 感じてもらえるような,活動を行う所存です。

 私どもの趣旨についてご理解を賜り、ご支援ご協力頂きますよう 何とぞよろしくお願いいたします。